蜑阪∈
谺。縺ク

肩こりなのか五十肩なのかを判断

肩こりなのか、四十肩や五十肩なのか、曖昧な肩の悩みは医療機関で診断してもらいましょう。
肩こりとの違いは「痛み」があるか否かです。
頭から首、腕までの神経の圧迫によりこりが発症しますが、腕が上がらないのなら四十肩や五十肩かもしれません。
これは、肩の関節の動きの問題で、頭に手が届かなかったり、腰に手を回せないほどに痛むのが特徴です。
肩こりの人でも、時たま、首が痛い、腕が痛いと言って病院を受診する人がいるようで、原因が肩だとは思っていないケースもあります。
肩こりから加齢によって四十肩や五十肩を併発する、しかし違った病気に気づくのが遅れてしまいがちです。
痛みに変わってから気づくことが少なくありません。
その痛みがいつ起こるのか、安静にしているはずの夜に起こるのならば、整形外科を受診しましょう。
こりで眠れないという症状では、入浴・アロマテラピー・マッサージで肩まわりを温めると、痛みが軽減することが多いものです。
ドクター監修のマッサージ機なども人気があり、こりを和らげるにも適しています。

Page Top