前へ
次へ

不動産の売買の流れについて

近年では自分が持っている家などを引き払う時などは出来るだけ良い方法で手放すことが出来る様にと多くの人々が不動産の売買と言うものを行っています。それは、トラブルなどもなくスムーズな流れで行うことが出来ればしっかりとした価格での取引が出来るものの、流れが少しでも狂ってしまうとしっかりとした取引を行うことが出来ずお金のトラブルはもちろんのこと、その他の法律などのトラブルも関わってくるために、家などの不動産の売買を行う時にはこの様なトラブルを防ぐためにも、専門の知識を持った業者などに依頼をして仲介をしてもらうと言うことが推奨されています。その様なことは簡単に行うことが出来る様になっているために、良いとされています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

不動産取得税は1度だけ納める税金です。

不動産取得税とは、田畑・宅地などの土地や店舗・住宅・工場などの家屋を取得した時に都道府県が課税する地方税です。納税方法は、不動産を取得して約半年から1年半後に各都道府県から送付される納税通知書で、納期限までに金融機関などで納付します。登記の有無を問わず、不動産を取得した時に1度だけ納める税金で、一定の条件に該当する住宅や住宅用土地を取得した場合や、60日以内に申告することにより不動産取得税が軽減されます。相続により取得した場合や、取得した土地の価格が10万円未満の場合や、家屋を建築した際の価格が23万円未満の場合、家屋を売買・贈与などにより取得した際の価格が12万円未満の場合には取得税は課税されません。

Page Top